O.N.planning
gallery

フィールドレポート

galleryTOP
TOP

釣行フィールドや釣行月(01〜12)、スタッフ名、ルアー名で検索できます☆
例)三瀬谷ダム5月頃のレポートが読みたい場合、『三瀬谷、05』と入力

大平達郎
河口湖/山梨県/2011/04/16-17 フィールド/都道府県/釣行日
JB河口湖第2戦11位レポート
開催が危ぶまれていた河口湖でのJBマスターズ第2戦。

正直なところ、このプリスポーニングという時期は僕的にあまり得意ではない季節。プリプラでも周りで5kg釣れたとか8kg釣れたとか言ってる人がいましたが僕は全く釣れませんでした。

前日はひととおりプランを立てなければと思いながらのプラでした。

プラを終えて出たプラン候補は
・浅川周辺に上がってくるオスネイティブ狙い+放流
・放流地点付近の溶岩での放流
・ギャンブル的プリ、メスアタック

プリメスを狙っていくにはあまりに経験不足のため・・・よって却下。

溶岩での放流狙いも自分よりうまい人たちとの争い+あまり放流が得意ではないので却下。

浅川周辺は人があまり入ってこなかったのと、プリプラのときからコンスタントに500g前後のオスネイティブが釣れていたので、まずここでベースを揃えてからギャンブルしに行こうと決めました。


初日、防寒着が要らないくらい暖かでしたが、ものすごい爆風。
フライトはファーストフライトの頭。
プラン通りまっすぐ浅川に向かいました。

入りたいポイントに入れ、釣りをしようとしたらラインがボートから出ているネジに引っかかっていてラインが擦れてしまいました。
朝から不吉な予感をしながら落ちついてラインを結びなおし気を取り直してスタート。

ミラクルストレート(ナチュラルカラー)オリジナルカットのダウンショッドで30分もしてないうちにファーストヒット。
約700gの放流。
この辺りは残りウィードがあり、前日プラで流れてきた放流やらスポーニングを意識しているバスが集まってきていたのを確認。そのウィードに引っかけてロングシェイクを繰り返していたら、たて続けにヒット。
約600gの放流。

その後バイトが遠のき、少し離れたところまで流して行くとガレ場の3mあたりでヒット。
約700gのネイティブ。

その後またバイトがない時間が続きここでエリア変更を決断し、鵜の島、ハワイ、白須を回って行ったがバイトがない状態が続きました。

12時になる頃に再び浅川に入りなおし、いつも以上に丁寧に繊細にアクションをしているとガレ場でヒット。
約500gの放流。
このバスを釣ったところでタイムアップ。

初日の結果は、4本2508gで21位でした。



二日目。初日より寒く、防寒着を着用して出発。
フライトはファーストフライトの最後尾でしたが、初日同様すんなり浅川のポイントに入れました。

二日目もルアーはミラクルストレートのオリジナルカット。カラーはナチュラル、ネオンシラウオ、パンキッシュグレー、と頻繁にローテーションしていこうと決めていました。

この日は風の方向が変わり、このエリアはベタ凪状態でした。
そのせいで狙っていたウィードをサイトで確認できる状態になってしまったからなのか、ウィードにバスが一切いなくなっていました。

ウィードエリアで粘るもいっこうにバイトがないのでガレ場地帯へ移動。
ミラクルストレート、オリジナルカットのDSをボトムから少し浮かしたシェイク&リトリーブで狙っていくとバイト。
約900gの放流。
それから粘ってみるが全くバイトがないので、一度その場を離れました。

プリメスを狙いにいろいろなエリアを回ってみたがバイトを得られないので、再び浅川周辺に戻ること。
ガレ場〜ウィードまで流すがバイトがなく、ここで湖波の桟橋に入ると200〜300gのバスがたて続けに釣れてリミットメイクを達成。

しかしこの時点での予想ウェイトは2000g弱。。。
ここでもう一度ガレ場へ向かって流し、できるだけゆっくりしたアクションをつけているとガレ場ポイントでバイト。
約800gのネイティブ。

この後ももう1本集中してやりましたがバイトはなくタイムアップ。
二日目の結果は、5本で2672g。13位。
総合結果は11位とあと一歩で入賞をのがしてしまいました。



今回の試合では、プラの時点でポークルアーのカットによって釣果に差が出ていました。
見た感じ、ミラクルストレートJr.を少し細くした感じだと思います。
いつもはミラクルストレートをカットなしで使うことが多かったのですが、
僕が今回試合のポイントにした浅川エリアでは選手が入れ替わりたち替わり入ってきており、フィッシングプレッシャーがかなりかかってしまっていると思われた為、その中でより多くのバスを釣るにはひと工夫が必要だと感じ実戦した策でした。
気難しいプリスポーニングのバスをメインターゲットにしていた為、あまり激しくアクションをつけなくてもポークが自発的にアクションしてくれるよう意識してカット。



もともと、ONPのポークルアーは張りがあり、いい動きをする。フォーミュラ配合になり、バスを誘う要素は充分です。
そのポークルアーミラクルストレートを時にはバスの状況にあったアクションを出せるカタチにカットすることも大切だと実感した試合でした。
はまると釣果が全然かわってくるので皆さんもミラクルストレートをいろいろなカタチにカットしてみて自分の思い描いたアクションを是非出してみてください。オリジナルカットで人と差がつくかもしれませんよ!

[使用ルアー]
●DS:ミラクルストレート☆ナチュラル、ネオンシラウオ、パンキッシュグレー


 copyright© O.N.planning all rights reserved