O.N.planning
gallery

フィールドレポート

galleryTOP
TOP

釣行フィールドや釣行月(01〜12)、スタッフ名、ルアー名で検索できます☆
例)三瀬谷ダム5月頃のレポートが読みたい場合、『三瀬谷、05』と入力

大原 悠
三瀬谷ダム/三重県/2017/09/03 フィールド/都道府県/釣行日
NBC奥伊勢湖宮川年間優勝レポート
★チャプター奥伊勢湖宮川、6年ぶりの王者奪還★
I became a Champion 4 times!!!!
ど〜も、僕です!

【第1戦 4/9】7位
三瀬谷ダムを制するうえで一番の難関となるのが、ウェイン率21%、リミットメイク率0%となったこの初春の初戦。目標は「1本」。
最も早くキーパーサイズが動き出すエリアに全時間を費やし、1本310g。ウェイン7人中7位。
初戦を凌いだことで6年振りのAOYを強く意識し、今シーズンを最高のモチベーションで戦っていくこととなりました。

【第3戦 6/25】8位 暫定年間2位(4p差)
前日プラクティスではスーパーノンキーラッシュで24cmが最大。超ローウエイト戦になることが予想されました。目標は「凌ぐ」こと。

、戦略は以下の通り。
@川幅の狭いクリーク(2本)にエリアを絞り、バスとの出会いの確率を増やす。
*エリアを限定することで移動時間を極力無くし、キャスト数を稼ぐことも目的。
Aノンキーラッシュを避けるために ショアラインとブッシュを直接撃たず、少し沖目を動き(波動)を押さえた#ピンキリを中心に狙う。
ノンキーの少ないところでは#グーテのDSズル引きで狙う。

★1本目のクリーク(ノンキーが多い)を四時間かけて5周し、1500オーバーのキッカーはラインブレイクしましたが、キーパー二本を#ジャイキリ改 = #ピンキリ(ブルーギル)で絞り出しました。

★残り二時間、2本目のクリーク(ノンキーが少ない?)は更に川幅が狭くなる上流部のフラットに絞り、残り20分でリミットメイクとなる3本目を#グーテ(モエビ)でキャッチ。

3本690g。ペナルティー-200gもあり490gとなりましたが、8位で何とか凌ぐことができました。

【第4戦 7/30】6位 暫定年間2位(3p差)
リミットメイク率31.8%となった今回もノンキーラッシュに悩まされた選手が多かった試合でした。
そんな中、前日プラで見つけたのはノンキーラッシュエリアの沖のブレイクのキーパーパターン。
ブレイクを#ブリーズシェーカー2.8(スモーク、ブルーギル、モエビ)のワッキー掛け2.7gDSでダウンヒルに斜めに切っていくことで13本のキーパーをキャッチするもウエイトに伸び悩み、3本780gで6位。見えるバスも皆無でウエイトを伸ばす術を持っておらず、勝負に行けなかったことが敗因でした。

【第2戦 8/13】6位 暫定年間2位(2p差)
振替戦となった第2戦はリミットメイク率52%、僕にとって鬼門となる真夏の試合。

前戦から安定していたブレイクのキーパーパターンはオフリミット中の大雨、放水による濁り、底荒れの為か不発。バンクもポロッ…ポロッ…といった感じ。
決して釣れる試合ではなく、またしても「凌ぐ」ことを目標に設定しました。

試合当日に選んだのは、ベイトを含めた魚影の濃いレイダウンと冠水ブッシュの絡むシャローエリア。
ノンキーとの釣り分けは難しいがキーパーは居着き、回遊ともに期待できる。
#グーテのネコ掛け1.3gDSのスイミング+フォールで開始30分でリミットメイクに成功し、3本で約1030g(250、230、550)。
その後はノンキーのバイトが増えた為、#グーテから#ジャイキリ改=#ピンキリに変え、ノンキーを少しでも避ける作戦。
ノンキーは減るがもちろんバイトも減る。たまにくるキーパーも入れ替えには至らず…

そのままタイムアップとなり、3本1035g、60g差でまたしても6位。

今回の敗因は、キッカーパターンは持っていないにせよ1sを超えた時点で新しい展開を見出だしに行かなかったこと。
つまりは、目標を「凌ぐ」ことに設定し、それに甘んじてしまったこと。

TOPと2p差まで迫り、最終戦は「勝負に行く」と誓いました。

【第5戦 9/3】5位 逆転年間優勝!
1位と2p差の暫定年間2位で迎える最終戦。

何年振りだろう…。年間優勝争いを出来るのは。ワクワクとドキドキしかない!

フライトも早く、朝一は前日プラで見つけたナイスキーパーのスクールがいたクリークへ向かう。
到着から10分が過ぎた頃、狙いのスクールが廻ってきた!エビを演出したグーテネコで誘うと猛スピードで近寄ってきた。
「もろた!」と思った瞬間、巨ギルに横取りされた…。
そこから1時間、バスは廻ってくることなく移動を決断する。

前日プラで見つけたキーパー場 “本流のディープ” もノンキーのみ。

他選手は皆、“シャローで簡単に揃う” と口を揃えて言う。
しかし、今回の僕にはタイミング、リズムが合わずノンキーばかり。

感じていなかったはずのプレッシャー。
しっかりと感じていたようで…
釣れない時間が続くほどに
吐き気と手の震えに襲われる。
ノーフィッシュの言い訳ばかりを考える。

年間優勝はおろか、年間TOP5も諦めかけていた。

〈11時〉
中流のクリークの入口にある枝振りの良いレイダウンの「穴(ポケット)」に#ブリーズシェーカー2.8(マル秘チューン)のワッキー掛け2.7gDSを入れ、ボトムまでフリーフォールをさせると押さえ込むような重量感のあるバイトが出た。緊張MAXで手も足もガクガク。慎重にやり取りをした1本目はナイスキーパー。これで気持ちを持ち直すことができた。
次のキャストも同じ穴で2本目のナイスキーパー。

実はこの時、1本目のファイトでドラグがユルユルのままでフッキング出来なかったにも関わらず、飲み込んでくれてる&勝手に穴から出てきてくれたんです!

「勝てる日かも…!」と思ったが、あと1本…あと1本が遠い…。


魚影の濃い中流域の水深3mのフィーディング場所に移動してノンキーと格闘すること1時間15分。

〈12時30分〉
ブリーズシェーカー2.8(マル秘チューン)のワッキー掛け2.7gDSのフリーフォール後のステイに コツッと小さなバイト。直後の重量感!何度「頼む…頼む…」と呟いただろう。リミットメイクの瞬間、全身の力が抜けた…。 こんな感覚はトーナメント人生12年で初めてのことでした。

400g、470g、450gとサイズに恵まれ、3本1320g

奥伊勢、今季初お立ち台の5位!熊ちゃんと何年振りかのダブルお立ち台☆

そして8p差をつけ、逆転で 6年振り4回目の年間優勝をすることが出来ました☆

次は近畿Bブロックチャンピオンシップ!
2007年の生野銀山湖以来のお立ち台を目指します!

サポートしてくださるスポンサー様、応援してくれる家族、友人、行動を共にしてくれるチームメイトへの感謝を忘れず来季も精進していきます!















 copyright© O.N.planning all rights reserved