O.N.planning
gallery

フィールドレポート

galleryTOP
TOP

釣行フィールドや釣行月(01〜12)、スタッフ名、ルアー名で検索できます☆
例)三瀬谷ダム5月頃のレポートが読みたい場合、『三瀬谷、05』と入力

大原 悠
七色ダム/奈良県/2016/07/24 フィールド/都道府県/釣行日
NBC奈良第4戦参戦レポート
暫定年間10位で迎えた第3戦を盲腸で欠場し凹み気味ですが、チャプター奥伊勢湖宮川の勢いをそのままに、今回も優勝だけを目標に参戦した(ハズだった…)、ど〜も、僕です。

【前日プラクティス】
なし。

【当日】
“西ノ川サイトでキッカー3本 ”が優勝へのプラン。

朝朝イチ、入口からエレキで流していくもなかなか出会わず、上流に到着。水深80?のそこには広大なフローティグライトカバーが広がっていた。

カバーの上をPEタックルで「リアクションストライカー(グリパン)ノーシンカー」をフロッグ的に通し、2回出るもミスバイト。
ヒットには至りませんでしたが、リアクションストライカーの新たな可能性が広がりました!

【7:30】
暫くしてカバーから出てきたスクールをヨシノボリをイメージして「アースシャッド(モエビ)ショートリーダーDS」で仕留め、1本目のキッカー1005gがライブウェルに収まる。

*ブリーズシェーカーの使い安さの陰に隠れてしまっている感の否めない第1段ワーム“アースシャッド”ですが、ゴリ喰いバスにはこいつが効きます☆

その後2時間半、バスは出たり入ったりを繰り返すが反応も悪く、時間と共にチャンスも減っていく。

【10:00】
『あと2本。揃えればお立ち台に届くかも…。』

この決断が今回のターニングポイントとなる。お立ち台に届きそうで届かないチャプター奈良だからこその “迷い”だった。

【11:00】
本流に出てようやく2本目350gを「マドラー(ウォーターメロンBP)3/64ozDS」のカーブフォールでキャッチ。
これにたどり着くまでにも時間がかかった。
【11:10】
同パターンで340gをキャッチし、リミットメイク。
続けて2本キャッチするも入替えならず。

【11:30】
再び西ノ川にキッカー獲りに向かうも風により、広大なフローティグライトカバーも散ってしまい、サイトどころか釣りにならず。

帰着前にキーパーを3本キャッチするも入替えならず。

1695g/3本、5位に55g及ばず、7位でフィニッシュとなりました。


2016年のチャプター奈良は、第1戦ノーフィッシュ、第2戦 6位で暫定年間10位につけており、最終戦7位。年間5位との差は14p。
第3戦の欠場が悔やんでも悔やみきれません。

悔しい!!!!!!!!!

来シーズンは体調面にも十分に留意し、万全の準備で挑みたいと思います!!!


さぁ、気持ちを切り替えてチャプター奥伊勢湖宮川に集中していきます!

[使用ルアー]
●NS:エコリアクションストライカー3☆グリーンパンプキン
●DS:エコアースシャッド21☆モエビ
●DS:エコマドラー(プロトタイプ)☆ウォーターメロンブラックペッパー



 copyright© O.N.planning all rights reserved