O.N.planning
gallery

フィールドレポート

galleryTOP
TOP

釣行フィールドや釣行月(01〜12)、スタッフ名、ルアー名で検索できます☆
例)三瀬谷ダム5月頃のレポートが読みたい場合、『三瀬谷、05』と入力

大原 悠
奥伊勢湖宮川ダム/三重県/2014/06/22 フィールド/都道府県/釣行日
NBC奥伊勢湖宮川第4戦3位入賞レポート
“パパ、全然1位になれやんなぁ。もっと練習したら?”
と軽〜くお灸を据えられた大原悠です。

第3戦に続き、きむ兄とのW入賞の報告です☆

近年、優勝どころかお立ち率まで低下した理由…。
それは、練習量の減少は当然のことながら、三瀬谷ダムの変貌にあります。
僕が感じているのは、もはや以前のように手堅い“守りの釣りでは通用しない”ポテンシャルをもったダム湖になったということ。

僕の場合、地味ながら一年間が終わってみれば年間TOP5という『安定感』がスタイルであり、持ち味であると自負しています。

そんな僕がお立ちに立つには、『攻め』しかないのです!!

ー当日ー
予報通りの雨天ローライト。
攻める気で クランク、スピナーベイトをセットしたロッドを積み込みました!
フライトはケツ2。スタート寸前まで自問自答。「俺の攻めとはそういうことなのか?」

僕が選んだのは 準優勝のきむ兄のような『巻き』ではなく、『サイト(待ち伏せ系)』。
自分のスタイルの『攻め』はこれしかない!と。

一日ヤりきる覚悟で向かったのは中流のクリーク。
デカバスが差してくる可能性は高いが水深も浅く、やつらは天才であることは間違いない。

到着するなり既に差してきてはいたが、DSを岸から落としても見切るほどの天才。
勿論、動かすことも嫌う(ワームが動くことで生物とは違う波動、ルアー感が出てしまうから)。

そこで、差しきる前のバスを見えるか見えないかよりも 少し深い水深で仕留める作戦に変更。

バスが通るコースを遮らない為に 長めのステイでラインを沈め、ワームも馴染ませる。
たまに、ワームの存在に気付かせるために極小のトゥイッチをいれる。一投にかける時間は数分。その間に以上の動作を繰り返す。

8:30
その一投目で待望のバイト!!上がってきたのはキロアップ!!
久々の三瀬谷でのキロアップに足も手も震えまくり(笑)
プレッシャーの掛かった天才バスに口を使わせたのはくまちゃんと僕との力作、『静』こそが真骨頂の『ジャイキリ(リアルゴールドアユ)』

9:10-9:30
差してこなくなり、ニゴイが釣れ始めたのでクリーク入り口に移動。
コンタクトポイントになる橋脚を同じくジャイキリのDSで『静』のアプローチで540gのナイスキーパーと280gでリミットメイク!!

さぁ!中で待ち伏せじゃ〜!!

9:50
作戦ミスを悔やんでも仕方ないので、この時季のちょいマシキーパーパターンのJHの岩盤撃ちにシフト。
セットしたのは『密』。
ゴリを意識し、極力岩盤から離さずに転がすようなイメージで操作します。

すぐに380gに入れ替え、約2キロ。
その後は釣れども釣れども300g止まり。

すがる思いでクリークに戻ると、オカッパリは居らず、残り一時間をそこにかけるが、減水により水深が浅くなり 差してくるバスはいませんでした。

第4戦は2039g、3位でフィニッシュ☆
これで年間暫定順位は5位に浮上。
なんとか目標を射程圏内にとらえました!

残り1戦、順位を落とさぬよう、しっかり練習を重ねていきたいと思います。




[使用ルアー]
●DS:ジャイキリ2.6☆リアルゴールドアユ
●JH:密〜HISOKA〜エコ2.2


 copyright© O.N.planning all rights reserved