O.N.planning
gallery

フィールドレポート

galleryTOP
TOP

釣行フィールドや釣行月(01〜12)、スタッフ名、ルアー名で検索できます☆
例)三瀬谷ダム5月頃のレポートが読みたい場合、『三瀬谷、05』と入力

大原 悠
奥伊勢湖宮川ダム/三重県/2013/04/28 フィールド/都道府県/釣行日
NBC奥伊勢湖宮川第2戦2位入賞レポート
試合には必ず、勝負パンツ、勝負ソックス、勝負シューズの下半身オールオレンジで挑む大原悠です。

かなり厳しい状況だった第1戦を1本540g、7位でなんとか踏ん張って迎えた第2戦。

朝一の準備中、ボーっとしていたのかバッテリーをショートさせてしまいボルトの部分が溶接状態になり、再起不能の状態に。
慌ててバッテリーを載せ換え、なんとか受付に間に合ったが何やら嫌な予感。

しかし、二番フライトという絶好のポジションをゲットし、そんな不安はどこへやら(笑)

時季的にプリ、ポスト、アフターが入り交じる状況。
前日プラの状況からポスト狙いに絞った僕には、このフライトは重要な意味を持つ。(蓋をあければ、増水と濁り、それの減少によりポスト狙いの選手は少なかった。)


朝一、前日に手を出さずに温存していたポストを狙いに、下流の弥起井クリークに一番乗りで到着し、極Wスピンのジグヘッドの一投で仕留めて約720g。

そして、対岸のクリークに移動。意外にも選手は一人。
3箇所のポストの魚をチェックするも 前日に掛けてしまったことが原因か、2つは空っぽ。
あ〜700と500が〜。

残りの1本はかなりビビっていたが、ジグヘッドで仕留め、約420gを追加。
宣伝抜きで、ホンマにWスピンは仕事が早いです!!

そしてすぐさま移動。今度は本流南岸をサイトで流していくが、昨日確認していたポストも居なくなっていたり、増水とそれによる濁りの為か確認出来ない。

目ぼしいところはブラインドで撃っていく作戦に変更。

途中、普段はやらない大岩のクリークに立ち寄り、張り出しにDSを投入すると約470gがヒット。

“野生の勘”発動〜!!
8:45 開始1時間でリミットメイク!!

その後も宮川大橋までをブラインドを中心に展開していくが、反応なし。

昨日多数のポストが確認出来た中山クリーク(二又クリーク)に移動し、スポーンとは関係のない魚が浮いてきたタイミングでサイトに切り替え、明らかに入れ替えサイズではないキーパーを釣り、集中力を保っていく。


残り3時間、1つだけ手付かずで残っていた入れ替えサイズのポストにすべてを懸けたが、昨日と変わらずめちゃくちゃ手強い!
ディスタンスをとり、アプローチをしても一瞬で姿を消し、なかなか帰ってこない!
残念ながら仕留めることが出来ずに帰着。


1620gでフィニッシュ!!
久々に頂が見えたか…と思ったが1歩及ばず。
2位。


敗因は、リミットメイクの瞬間に守りに入ってしまったこと。


しかし、これで年間ランキングは暫定1位!!
持ち味の安定感で一年を戦い抜いていきます!

奈良チャプは最終戦を残して暫定年間14。目標はBEST10!
三重チャプは昨年の年間5位を上回る、2008年以来の年間優勝が目標!

どのフィールドでも結果を残せる男になりたい!!

[使用ルアー]
●JH:極〜KIWAMI〜エコWスピンシャッドテイル2.3☆モエビ、ブルーギル
●DS:エコジャイキリ2.6☆ウォーターメロンブラックペッパー


 copyright© O.N.planning all rights reserved