O.N.planning
gallery

フィールドレポート

galleryTOP
TOP

釣行フィールドや釣行月(01〜12)、スタッフ名、ルアー名で検索できます☆
例)三瀬谷ダム5月頃のレポートが読みたい場合、『三瀬谷、05』と入力

大原 悠
青蓮寺ダム/三重県/2012/06/10 フィールド/都道府県/釣行日
NBC三重第2戦5位入賞レポート
チャプター三重 第2戦!結果から言いますと、6位と10g差の滑り込みで5位入賞することができました☆

今回は前日プラクティス無しのぶっつけ本番。
試合展開を読む為にも、湖の状況を情報収集すると、“優勝は3キロ超え、リミットメイクは難しく、0申告の選手も多いのでは?”とのこと。

ウエイン率の低かった初戦も何とかポイントを獲得している為、年間優勝への望みを繋ぐためにも、まずはキーパー1本を目標にしました。

フライトは8番目くらいと悪くなく、愛人12K(愛妻は14K)のスピードと朝一のエリアまでの距離を考えると一番乗りで行けるかな?とエリア決定!

そして向かったエリアは布生筋の最上流。狙いはフレッシュなフィーディングバス!

一番乗りしたものの肝心のバスな姿はなく、反応も無し。

そこで着目したのが、最上流エリアの一際大きなブッシュ。
そこにはギルが群れており、バスも混ざっている。しかし、ノンキーが多く、そのノンキーですら反応が悪い!情報通り厳しい!

唯一反応したのが、三瀬谷でも多用する“エビゴリパターン”!

石?こぼれ岩?が多く、スタックしやすいので今回はJHではなく、ショートリーダーDSを使用。

確実にキーパーのみを獲るために、超接近戦サイト。

1本目250g、2本目250gをサクサクっとキャッチ!

そして何気なくバックウォータに投げた捨てキャストに重量感のあるバイト!
もろた!!800クラス!と思った瞬間、ワンジャンプでさようなら〜

見事に結び目からラインブレイク。原因は、前回の七色ファミリーフィッシングから結び直してなかった不精。
気が緩んでいたんでしょう。今試合、最大のミスでした。

そこからは、“厳しい時こそ1本の価値はデカい”と心に据えて、ワンフィッシュごとに結び直します。

そのあと350gをキャッチし、ポイント到着から約40分でリミットメイクに成功!

ここからが本当の勝負!試合を読む力試合運び力が試される!

そこから一発キッカーを入れに本流上流に行くのかどうするのか…
この全体的に厳しいと言われる状況では、バスが確認出来るこのエリアを死守することを最優先に、時折ブッシュから顔を出す400クラスのキーパーで底上げすることを選択。

1日ひたすらエビゴリパターンのサイトで、ショートバイトに悩まされならがらも350gと450gへの入れ替えに成功し、推定1150gでミスを少しはカバーした感じでFINISHとなりました。

ウエインしてみると、優勝は4390gの三重チャプレコード、2位は3キロ超え、3位は2キロ超え?、3位は2本1500超え、4位は1本約1500g、ウエイン率48.1%(13/27人)、リミットメイク率11.1%(3/27人)と前評判通りの試合でしたが、何とか今年からデザインの変わった黒い盾をGETすることが出来ました☆

上位を除きローウエイト戦といっても過言ではないこの試合で、“厳しい状況下でもきっちりリミットメイクする”がコンセプトのONPエコワームシリーズと共に作り上げてきた自分のスタイル、強みをいかんなく発揮できた満足のいく試合でした。

これで三重チャプ年間暫定6位。残り2試合、必死で食らい付いて行きたいと思います!



[使用ルアー]
●DS:エコホーリーシャッド2.5☆愛里咲スペシャル


 copyright© O.N.planning all rights reserved