O.N.planning
gallery

フィールドレポート

galleryTOP
TOP

釣行フィールドや釣行月(01〜12)、スタッフ名、ルアー名で検索できます☆
例)三瀬谷ダム5月頃のレポートが読みたい場合、『三瀬谷、05』と入力

大原 悠
奥伊勢湖宮川ダム/三重県/2011/05/22 フィールド/都道府県/釣行日
NBC奥伊勢湖宮川第3戦優勝レポート
ど〜もど〜もど〜も〜!第2子誕生寸前、2児のパパ目前の“三瀬谷バカ”こと、大原 悠です。

1年8ヶ月ぶりの優勝!!!
自己三瀬谷トーナメントレコード更新!!
デザイン一新の盾ゲット!
ピノのジンクス破れたり☆

そんな嬉しいことずくめの今大会のマイストーリーをレポートさせていただきます。


-前日プラ-

いつものように中流→上流→下流の順に、サイトを中心にバスを探していきます。 

まずは、大潮明けということもあり、ネストを探して回るも自分に見えるのは とても勝負になるサイズでは無く、しかも、数が極端に少ない。

同時に、アフターが付きそうな岩盤系やレイダウンも念入りにサイトで探していくが、見つからず…。

そして、上流域でポツポツと単発でいるキッカーを確認するも、反応はするが自分の持てるサイトテクニックでは難易度が高くバイトに持ち込むことは、無〜理〜。
朝イチ、フィーディング狙いしかチャンスはないと判断。

その後、ナイスキーパーパターンを求めて全域をさまざなリグで捜索するが、ノンキー〜280グラムまでの三瀬谷ラッシュに遭い、ワームがストック切れ寸前。

あっ!閃いた!
野性の勘発動〜!?

普段はほとんどやらないネコリグを試してみると、長さはさほど変わらないが少しボリュームのある350グラムが最後に1本入って、前日プラ終了。

@キッカーは朝イチ上流フィーディング狙い
Aネストの魚は小さく、数も少ない
B普通に釣っていくとアベレージ280グラム
Cネコリグは少しマシなサイズが入る?
と、収穫はあったものの、ほとんどな〜んも見えませんでした。
大丈夫か?俺…

夕方、おぼっちゃん☆と当日の買い出しに行くと、不吉な予感…。
出ました☆ピノ(笑)

過去100%、不運が待ってました(試合当日レガシィの四駆故障、ビッグフィッシュDead…などなど)。
☆ピノ2つの時は、前後エレキが焼き付き、ボートフック1本で帰着(2010第5戦)。
さぁ、今回はどんな不運が待ち受けているのでしょう(笑)?


-試合当日-

スロープに着いてみると、少しではあるが減水している…。
昨日見えなかったネストも見えるかもしれない…。

そんな邪念が過ったが、今日は多少フライトが悪くても、高速戦をぶっ飛ばして
“朝イチ上流フィーディングキッカー狙い、その後はネコリグで こつこつウエイトUPをしていく”プランを組みました。

ところが、早くも☆ピノの不運が!

はい…まさかのどべスタート。

朝イチ上流フィーディングキッカー狙いは断念…。

『どうせな〜んも見えてないんやから、落ち着いてゆっくり丁寧に1からバスを探していこう(笑)』
と気持ちを切り替え、エリアを下流(北側クリーク)〜中流(宮川大橋)までに絞り、めちゃくちゃ丁寧に時間を掛けて釣っていくプランに変更。

目標は予想シングルボーダーの1300グラム。

まずは、田んぼの時季に実績のある西村インレットのあるクリーク手前のワンドから【ネコリグ(1/96)のスイミング】で釣りをスタート。

10分でリミットメイクし、約800グラムからのスタート。

三瀬谷ラッシュが続いたのでリズムを変えようと、クリークに差し掛かったところで、【2.7グラムDS】に持ちかえる。
アクションは着底後、ステイ→少し持ち上げてカーブフォールで小移動→ステイ→…を繰り返し、バンクをダウンヒルに斜めに切っていく。

8:10
入口から3つ目の岩盤系の小さな張り出しで “コッ”
まさかのキロUP! 1030グラム

チビリそうになりながら、『よっしゃ〜!キッカー獲った〜!!』と雄叫び☆
この時点で、推定1590!
目標達成にホッとしました。

『この場所で、どアフター…。パターンか??』 と50分程続けるも 全くの無…。

『このままじゃせっかくのキロUPが泣く』と、底上げ作戦にシフトし、下流に。

9:10
【ネコリグ(1/64)】で少しレンジを落としてのスイミングで450グラムに入れ替え成功。
推定1760グラム!

9:40
下流北側クリークで回遊のナイスキーパーを発見し、ネコリグでアプローチするも逃げるどころかワームを避けて回遊を続けられてしまう。
先回りし、ギルのいるところで待ち伏せて、ギルバイトを利用することでバイトに持ち込むことに成功!
600グラムと予想以上のナイスバスで、320グラムの入れ替えに成功。
推定2080グラム!!

お立ちが頭を過り、緊張の糸が切れそうになるのを必死でつなぎ止めました。

アフターパターン?が気になって西村インレットがあるクリークに戻り、岩盤系の各小さな張り出しに通す角度を変えながらDSをアプローチしていくと、三瀬谷の女神が微笑んでくれました☆

10:00
入口から1つ目の張り出しで1350グラム、2本目のキッカーをキャッチ!!
こいつも、どアフター…

『よ〜っしゃ〜、やっぱパターンやろ!?』
武者震いするほどの興奮&本日二度目の雄叫び☆
推定2980グラム

ここまできたら、トリプルキッカーで3s超えたい!

その後、下流から中流を丁寧に時間をかけて、バンクはネコリグ(1/64)のスイミング、岩盤系の小さな張り出しはアフターパターン?(まだ半信半疑)の2パターンで攻めていき、
ネコリグで450〜500グラムまでを4本、
アフターパターン?で本流で550グラム、中流の二又クリークで580グラム、と入れ替わらないも、どアフターをキャッチし、パターンであることを確信する☆

12:10
西村インレットのあるクリークに戻り、残り1時間をアフターパターンに費やし、トリプルキッカーを夢見るがメイクミラクルはならず、豪雨に打たれてタイムア〜ップ。

13:20
帰着時には小雨になり、ドキドキしながらウエインバッグにバスを移す


13:30-ウエイン-


そこに示された数字…なんと!!

《3160グラム》
自己トーナメントレコード(青蓮寺ダム:3280グラム) 、三瀬谷トーナメントレコード(3520グラム)には及びませんでしたが、自己三瀬谷トーナメントレコードとなる嬉しい3s超え☆


結果は

☆1年8ヶ月ぶりの優勝☆

緊張で足が震えるわ、コメントも纏まりないわ、久々のテッペンは緊張&興奮しました(笑)

何にも見えてない状況から、当日、アジャストでき、パターンにはめれたこと。
今、思い出しただけでも興奮してしまいます(笑)

今大会は、“落ち着いて 丁寧にゆっくり釣りをすること”の大切さ・必要性を改めて感じることが出来た試合でした。

“見えてないとき、見失ったときこそ、慌てずゆっくり丁寧に…”

教訓です(笑)

年間暫定2位。


残り2戦、食らい付いていけるよう精進してまいります。


大切な仲間、友人、そして何より、快く試合に送り出してくれる家族の応援を胸に、これからもトーナメントを思いっきり楽しんでいきたいと思います。


[使用ルアー]
●ネコリグ:エコブリーズシェーカー3.8☆(1/64、1/96)
●DS:ジャイキリ2.6☆(3/32)


 copyright© O.N.planning all rights reserved