O.N.planning
gallery

フィールドレポート

galleryTOP
TOP

釣行フィールドや釣行月(01〜12)、スタッフ名、ルアー名で検索できます☆
例)三瀬谷ダム5月頃のレポートが読みたい場合、『三瀬谷、05』と入力

大原 悠
奥伊勢湖宮川ダム/三重県/2010/09/05 フィールド/都道府県/釣行日
NBC奥伊勢湖宮川第5戦第4位&年間2位レポート
誰が呼〜んだか知〜らないけれど♪
“Mr.奥伊勢”こと大原です。

今回はハプニング満載ですよ(笑)!!!


前日プラで、109ldフロントエレキが故障し、急遽82ldに載せ替えての参戦。

年間暫定1位のONPスタッフ松本さんと、14p差の4位で向えた最終戦。

『捲る為には、ハズすことを恐れず勝負に出るしかない!』


当日の三瀬谷ダムの状況は、全域アオコに覆われ、最上流のみジンクリア。
そんな今回のプランは、“最低2kg”を目標に、時間いっぱいまで“最上流サイト勝負”


7:50 エリアを確保するには申し分の無い8番スタート!

しか〜し!!

なんと!スタートから500mで、載せ替えたフロントエレキがまさかの失速。瀕死の状態。

信じられない出来事にも動じず、目指すは最上流。


8:40 何とか荻原橋まで来たところで、またしてもハプニング発生!
瀕死のフロントエレキをかばい続けてきたリアエレキが殉職。

こうなると、大幅なプラン変更を余儀なくされ、当初予定していたタイムリミット12時半を10時半に変更。

与えられた短時間を集中力MAXでサイト開始。

狙うのは500〜キロのフィーディングを意識したバス。


8:55 チャンネル沿いの少し深めをクルーズしてきた450gを、“パドルスター☆(リアルゴールドアユ)”のJHスイミングでキャッチし、上々の滑り出し。


9:15 シャローフラットに差してきたキロUPを、“ブリーズシェーカー4.8(モエビ)”のJHでのステイでキャッチ。

これぞブリーズシェーカーの真骨頂☆
『うぉ〜っしゃ〜!!!』と上流域に響き渡る程の雄叫びを挙げ、お騒がせしました(笑)

その後、何度も500〜600gに口を使わせるもすっぽ抜けのオンパレード。
リズムが悪いときって、とことん悪いですよね。

そして、2本のまま10時が過ぎ、予定時刻が迫って来たので下りながらサイトで探して行き、小規模インレットに着いていたキーパーを“アースシャッド(リアルゴールドアユ)”1/16ozDSで仕留め、リミットメイク。

瀕死のフットエレキに祈りながら、今年覚えた“パドルスター☆(モエビ)”7gテキサスで、カバー・レイダウン・岩盤等、シェードの入り方を意識しながら撃っていき、10本以上キャッチするも、前プラで釣れていたコンディションのいいバスは混ざらず、250gの金太郎飴状態。


11:15 ライブウェル内に異変が!アオコ水が、最上流のバスにはキツかったらしく、昇天寸前。インレットで水を入れ替え、O2スプレーで何とか息を吹き返してくれました。

そして、入れ替わらないまま時は過ぎ…


12:00 またしても、ライブウェル内に異変が!今度は直したばかりの飛び出し防止ネットが外れ、バスに絡まりヒレはボロボロで横を向き、瀕死の状態。必死の看護で回復☆

時を同じくして…
州山橋を過ぎた辺りから、フロントエレキがさらにスピードダウン。帰着はギリギリ間に合うかな…

と思ったのも束の間、今大会最大のハプニング発生!


12:30 宮川大橋に差し掛かったところで殉職されました…。

勿論、オールなんて積んでません。

手を借りれば失格です。

泣きそうになる気持ちを押さえ、冷静に考えます。必死に考えます。

オーバーハングに掴まり、岸添いに帰るのか…いやっ!この短い腕では届きません…。
ばた足か…?いやっ!泳いだら失格でしょ…

ふと、ボートフックを積んでいたことを思い出し、『これで船頭さんをするしかない』と始めるも、ここは急深の三瀬谷ダム。ボトムに届きません。

こうなったら、漕ぐしかないでしょ!
棒一本4km/h、人間、やったら出来るもんです(笑)


50分漕ぎ続け、帰着締切10分前に会場に到着。
普段から筋トレしといて良かったですわ(笑)


バスも何とかもってくれ、1700gでFINISHし、4位入賞☆

バチが当たったかと思う程のハプニング満載の最終戦でしたが、最終戦をお立ち台で飾ることが出来、テンションはMAX。

気になる年間争いは、捲ったものの1位と11p差の2位☆
そして、3位にONPスタッフ松本さん☆


今年を振り返ってみると、
・チャプター奥伊勢湖宮川
第1戦 3位入賞
第4戦 準優勝
第5戦 4位入賞
年間2位

・チャプター愛知
第4戦 3位入賞

と、満足のいく十分過ぎる程の結果を残すことができました。

このような結果を残すことが出来たのは、決して自分一人の力ではなく、仲間、家族、応援してくださる方々、様々な方の甚大な支えがあったからだと、心から感謝しております。

誠に、ありがとうございました。
残す三重チャプター最終戦、近畿ブロックチャンピオンシップも全力で戦って参りますので、応援よろしくお願いします。

2010年、各地で開催されたトーナメントシーンで数々の実績を挙げている、ONPエコワームシリーズのサンプルをお配り致しておりますので、“使ってみたい”という方は湖上でお気軽に声を掛けてくださいね。


今後ともO.N.planningをよろしくお願いします☆


*今回の“秘密兵器”

☆パドルスター☆

スイミングでの使用も考慮された設計。
JHの縦刺しスイミングで使用。縦刺しにすることで、よりベイトフィッシュライクなアクションを演出してくれます☆

☆ブリーズシェーカー4.8☆

JHでのステイで使用。
2.8や3.8ではなく、4.8をチョイスした理由=アピール力。
それは、ハイプレッシャーな最上流のバスを攻略するために、2.8や3.8ではアピール(波動、視覚)が届かないバスから遠く離れた場所にステイさせなければならない状況に於いて、サイズアップした4.8インチのアピール力を最大限に利用し、バスに発見して貰うため。

今回は決してアクションを加えない、ブリーズシェーカーの真骨頂“微風の様に震える”ことがキモでした。

これら2種類のワームは発売間近。使える賢いやつですよ!オススメです!!
今後も、“使い込む”ことで見えてくるポテンシャル、How toをどんどん紹介していきますのでお楽しみに〜☆






 copyright© O.N.planning all rights reserved