O.N.planning
gallery

フィールドレポート

galleryTOP
TOP

釣行フィールドや釣行月(01〜12)、スタッフ名、ルアー名で検索できます☆
例)三瀬谷ダム5月頃のレポートが読みたい場合、『三瀬谷、05』と入力

織田伸彦
生野銀山湖/兵庫県/2009/10/17〜18
バスプロ選手権西日本大会第8位入賞レポート
今年のバスプロ選手権は東西分かれての開催となり
私は、西の生野銀山湖にエントリーしました。

今回の試合は2日間なので、まず考えたのがプレッシャーがかかりにくいエリア。銀山でピックアップすると、やはり下流で組み立てるのが一番安全で爆発力が高いエリアで
あるため、プラクティスでは最初から上流を捨て下流をメインにプラクティスをしました。
銀山で下流は初めてなので、まずは山の地形などを把握するために目立つバンクを
メインに流していきました。が、一向にバイトがありません。
逆に人目のつきにくいバンクを流すと、すぐに当たりがあり、600グラムぐらいの魚が釣れました。
よく思い出して見ると、銀山のアベレージサイズは300ぐらい。これはいいのではないかと思いながら、同じようなシチュエーションの場所を流しました。
すると同じようなサイズがまた釣れたのでこのパターンをメインに決め、プラクティスを
終えました。

大会初日フライトが最後だったので朝イチだけ中流の島をやろうと思い
『ブリーズシェーカー』のドロップショットをキャストすると3投目にキーパーをキャッチ。その数投後にもキーパーを追加する事ができ幸先のいいスタートがきれました。
陽が上がってきたので今度はメインのバンクエリアを流しましたが全くの無反応。
バッティングもあり、はまってない感じがムンムンなので他のエリアを周るも探しきれず
結局2匹の427グラムで終了しました。

2日目、朝イチだけ昨日の島を釣るも全くの無反応でした。
島を諦め中流の新しいエリアをランガンする事に。
中流のとある岬が気になったので流して行くと待望のバイト。やっとの事でキーパーを
キャッチする事に成功しました。
その後、魚が底を意識していると思いスモラバをキャストした1投目にバイト。
しかし、合わせるタイミングが悪かったためサヨウナラ〜。
結局2日目は1匹しか釣れず・・でした。

終わったなと思いながらの表彰式で、びっくりの8位入賞。

今回の試合は初日に見失ったにも関わらず、なんとかアジャストできました。

私には、信用できるワームがあります。これで釣れなかったら魚がいないと思える・・
ある意味心中的な。それが良い結果を生んでくれるのだと思います。

みなさんも、困った時はこのワームだというものを探してみてはいかがですか。






 copyright© O.N.planning all rights reserved