O.N.planning
gallery

フィールドレポート

galleryTOP
TOP

釣行フィールドや釣行月(01〜12)、スタッフ名、ルアー名で検索できます☆
例)三瀬谷ダム5月頃のレポートが読みたい場合、『三瀬谷、05』と入力

松本和久
奥伊勢湖/三重県/2010/04/04
NBC奥伊勢湖宮川第1戦準優勝レポート
本年度よりサポート協力を受け、O.N.プランニングのエコワームを使わせていただいておりますおっさんトーナメンター松本です。
奥伊勢湖宮川チャプター第1戦で2位に入賞する事ができました。
事故的な要素が高いのですが、簡単に人生初の釣りレポートを楽しんでください。
フィールド状況・状況詳細はスタッフ大原君のブログ・レポートを確認してくださいね。

前日プラでは、見えバスも無し、あたりも無し、何の手応えもなく終わりました。(本当に帰りたかった)

大会当日、トラブルが有りましたが、行くあてもないのでのんびりと最終フライト。

ここ2年ディープの釣りを練習していたのでその成果を出せるかと、会場前10m〜13mをネチネチコソコソとやりますが全くの異常なし。(時は11時)

何のプランもないまま少し上流の右側クリーク入口へ移動
岬の先端岩3m〜6mへエコブリーズシェーカー2.8(ベイトフィッシュカラ-)1/64ネコリグを投入。
ボトムをネチネチしていると、枝に引っ掛かり外した瞬間に明確なバイト!(イメージそのまま)
ラッキーフィッシュでは有るが三瀬谷ではキッカーとなる580グラム。

後が続かず、越冬バス狙いに切りかえ岬から沖の12m〜14mライン+枝・ゴミの沈むエリアで
ネチネチとエコブリーズシェーカー2.8(グリーンパンプキン)3/32 DSで枝とゴミと格闘していると
待望の生命感が。ゆっくり慎重にネットインすると、240gの越冬白バス。

練習の成果に気が抜け終了。

周りの釣果も悪く、820gの2位でコールされ大きな大きなポイントをゲットできました。
3位の大原君のリミットメイクと私の奇跡の2本、あのウエイイン率でこの釣果、何が違う?共通点は?・・。

ONPエコワームのリグに対する相性も万能で、まだまだいろんな使用法が有るのでは、と実感しています。

深い話は他のスタッフのコメントを参考に、私もどんどんレポートしていきますが息抜き程度に今後もお楽しみください。







 copyright© O.N.planning all rights reserved