O.N.planning
gallery

フィールドレポート

galleryTOP
TOP

釣行フィールドや釣行月(01〜12)、スタッフ名、ルアー名で検索できます☆
例)三瀬谷ダム5月頃のレポートが読みたい場合、『三瀬谷、05』と入力

熊谷雄一
入鹿池/愛知県/2013/06/30
NBC愛知第2戦第5位入賞レポート
今年初の入鹿池。
例年通り魚を釣るのが難しいこの場所で、とりあえず1匹を釣ることを目指した。

エリアは毎回人が多い取水塔で1日釣りをするつもりだった。
が、選手の皆さんはスタートと同時に各ポイントに散っていき
取水塔で釣る人は自分を入れて2人のみ・・。

もしかして、このポイントは釣れないのでは・・・・
と思いながら30〜40分釣りをしたがやはり無反応だったので仕方なく移動を決断した。

次のポイントは一三塚島を目指しながら、途中、
魚探に映るワカサギであろう魚群+への字の影をシューティングで狙うも、
微かなあたりしかなくポイントに到着してからも無反応だった。

五条川→赤壁前→今井川河口→教会前→取水塔の順で戻りつつ釣りをしていこうと思い、
半ば諦めモードだったが、灯台裏から灯台先にかけてのショアラインに選手の皆さんが
張り付いていたので、ネストか回遊を狙っているの??と思い、
ここだけ集中してやってから帰ろうと思ってショアラインを見ながら釣りをしていくと、
浅瀬に一匹、同じエリアをウロウロしているバスを発見。

時間も残り2時間しかなかったので練習がてら、ここで粘ることを決めて釣りをスタート。
最初はノーシンカーで×。
次はジャイキリのキャロで×。
次はドロップショットのジャイキリ、ブリーズ、密、と試すが反応は無く、
だんだん自分がイライラしてきたので、スローな釣りを止め、
ドロップショットのショートリーダーでアースシャッドを縦に向けて刺し
アップテンポな釣りに変えた途端に反応が変わった。

2回くらい合わせ損ねたので、今度はカラーをベイトフィッシュからパールホワイトに変更。
ワームの白色が見えなくなって、ラインが動いてから合わせたので完全に針に掛かりバレずにキャッチできた。

それからは、バスに遭遇せずに帰着した。
結果は釣れている人が少なく、ギリギリの5位に入賞。ホッとしました(笑)


キビキビした動きを出したいために選んだアースシャッド
ポテッとした形状と一口サイズという小ささが思い通りにはまった一匹だった。

ワームコンセプトの
『試合用の絞り出しワーム』
『ハイプレッシャー時のバスのバイトを誘発』
『ミスしたバスのフォローベイトとして効果的』

まさにそんな使い方だったと思う。
スタッフもお守りのようにしているワームです。


[使用ルアー]
●DS:エコアースシャッド2.1☆ベイトフィッシュ☆パールホワイト





 copyright© O.N.planning all rights reserved