O.N.planning
gallery

フィールドレポート

galleryTOP
TOP

釣行フィールドや釣行月(01〜12)、スタッフ名、ルアー名で検索できます☆
例)三瀬谷ダム5月頃のレポートが読みたい場合、『三瀬谷、05』と入力

平野拓郎
西の湖/滋賀県/2016/06/12
チャプター西の湖第2戦準優勝レポート
西の湖チャプター第一戦以来となる
今回の西の湖遠征。
前日もプラクティスを行えなかった為、当日参戦となった今大会でしたが、2位という好成績を収めることができました。
それも自身がプロデュースさせて頂いた新作ワーム
「リアクションストライカ−」がキッカーを呼び込んでの入賞!
自分にとって記憶に残るとてもいい試合でした。


それでは、まずは大会の様子から。

前回大会でノーフィッシュをしてしまったこともあり、朝一は勝負せず、まずはこの時期比較的キーパーが取りやすい西の湖南面(水郷めぐりの観光船出入り口付近)から釣りをスタート。

ポイント到着後、まずは5gリーダーレスダウンショットに3incのイモ系ワームをセットし葦手前のえぐれを約50cm刻みに打っていくと、ポンポンとバイトが多発し30分ちょっとでリミットメイクを達成!
しかしその後1時間程度流してもキーパーサイズは良く釣れるもののMAXで450g止まり・・・。
これ以上のサイズは望めそうにないのでその場を見切り7番棚奥へ。

7番奥に到着するとチームメイトである西の湖の神様こと松本さんとバッティング!!
挨拶を交わし様子を伺うとイマイチな様子(汗)
実際に釣ってみても7番奥周辺ではバイトを得ることができなかったため
9番棚奥方面へと船を進めながら釣って行き、小規模なウッドカバーの絡むスポットでジグスピナーを通すと4バイト2フィッシュ!

さらに進み比較的規模の大きいウッドカバーを5gリーダーレスダウンショット+リアクションストライカーにて打って行くと約500gが釣れ、10時ジャストに待望のキッカーフィッシュがバイト!!
リアクションストライカーを丸のみにしたキロオーバーが上がってきました。

その後の展開はキロフィッシュを求め湖全体を見て回りましたが上記リグにてバイトは多々得られるものの、500gを超えるサイズを釣り上げることができずタイムアップとなりました。


まだ発売されておらず気になっている方も多い(!?)と思われる「リアクションストライカー」ですが
ちょっとだけどんなワームかご説明します。
製作のきっかけは昨年西の湖での出来事です。
その時もプラクティス中にイモ系ワームのリーダーレスダウンショットで沢山釣ることができていたのですが、もったいないのでボロボロになったワームを無理やり深く針を刺して使用。
当然ワームセット時はやや曲がったり反ってしまったりしてしまうのですが、そうすることでフォールやトゥイッチの際に左右にスライドダートすることを発見しました。

「こんなルアーを作りたい!!」と思い、ダートアクションを強調させるためにボディを平たく薄く作り試行錯誤した結果、現在の形となりました。
使用した感じはカバー周りで使用できるスプーンといった感じだと思います。

自分のように癖の強い(!?)ワームですが結果は出せていますので
今後も煮詰めていつか皆様に提供が出来ればと思います。

西の湖チャプター残り2試合もこのワームと共に結果を出しますよ〜!!


最後になりますが、西の湖チャプターを支えて下さるスタッフの皆様、会場を提供して下さるトム・ソーヤ様
とても気さくでいつも笑顔の絶えない選手の皆様
本当にいろいろお世話になり感謝しております。

今後とも宜しくお願い致します。


詳しい大会の様子はNBCNEWSをご覧ください。



[使用ルアー]
●DS: リアクションストライカープロトタイプ





 copyright© O.N.planning all rights reserved