O.N.planning
gallery

フィールドレポート

galleryTOP
TOP

釣行フィールドや釣行月(01〜12)、スタッフ名、ルアー名で検索できます☆
例)三瀬谷ダム5月頃のレポートが読みたい場合、『三瀬谷、05』と入力

藤垣和正
入鹿池/愛知県/2013/07/14
チャプター愛知第3戦準優勝レポート
 6月30日に開催されたチャプター愛知第2戦。
その2週間後の7月14日、
入鹿池で第3戦が開催されました。

第2戦の優勝ウエイトが1520gだったので、自分なりに
「1300gでお立ちに絡める。
キッカーフィッシュをビッグベイトで釣っちゃおう!」
と妄想し、
前日プラはベイトフィッシュの層を魚探で確認しながら、ビッグベイトのみをキャストし続けました。

が、答えは出ず(当たり前!)、
夜ビールを飲みながらいろいろ考え、今回は絶対にお立ちに上がらないといけないので、喰わせの釣りにプラン変更しました。



 迎えた当日、夜にスコールがあったため表層水温が下がり、フィーディングモードのビッグベイトに出会えたらラッキーと思いながらキャストしましたが
イレットの流入水量が思いも少なかったため、やはりすぐに喰わせの釣りにシフト。

ボートに積んだタックルは、ライ卜キャロとシンカーとリーダーの長さが違うダウンショット2セットの計3セット。
ワームはこの時期に反応の良いピンテール系の、トレイターヘリングシャッドホーリーシャッドの3種類で、カラーは全て愛里咲スペシャル。

ベイトフィッシュの層と絡む水深、7m〜4mのブレイクを0.9g、リーダー40cmのダウンショットをドラッキングでアップヒルにトレース。
トレイターをボトムより少し浮かせながら漂わせているときに今回のバス(1460g)がヒットしました。

トレイター、トップページのリンクにあるYOUTUBEの動画を先ずは見ていただきたい。

エコトレイター3.8商品スペックetc.

シェイク時のテール部分の残像がかなりヤバイですが
私が思うにスイミングで使った時のテールはもっとヤバイんですねー。
スイミング時の動画がなくて残念。小魚が泳いでいる時の尾びれとそっくりな動きをテール部分が勝手にしちゃうのです。

今回のキロフィッシュもそんなトレイターに、思わず口を使ってしまったのでしょう。
「マッチ・ザ・ベイト」という言葉がありますが、サイズ的にも3.8インチなので使いやすいサイズといえます。
フックに関して基本、私はマス針を使ってチョン掛けします。
喰いが浅い時などはオフセットで対応します。
ジグヘッドでのミドストも効果抜群でしょうね!

[使用ルアー]
★DS:エコトレイター3.8☆愛里咲スペシャル





 copyright© O.N.planning all rights reserved